奨学金ニュース

奨学金関連ニュースを纏めました。

07/06/26

奨学金回収を民間委託、税金での穴埋め抑制へ検討

現在、政府で行っている奨学金制度の回収を民間に委託するとのこと。また、現在貸出金利の上限を3%と規定しているが、その上限も撤廃とのこと。多くの政府奨学金は金利0%で貸し出しているが、毎年の経済成長を考えると、無利子での貸し出しでは元が取れない。その部分は奨学生の将来に投資しているとも言えるのだが、厳しい財政の中、制度変更が検討されている。以下は、日経新聞の記事抜粋です。

---
 財務省と文部科学省は2008年度をめどに、大学生などに貸し出す奨学金事業を効率化する。文科省所管の独立行政法人に委ねている貸出金の回収事業について、民間委託を検討。現在は「年3%」と定めている貸出金利の上限を撤廃することも検討する。将来、貸出金の調達コストが上昇することを念頭に、柔軟に対応できる仕組みにして、税金による事業の穴埋めを抑制することを目指す。

 奨学金の利用者は07年度の当初予算ベースで114万3000人。前年度に比べて5万2000人の増加を見込む。奨学金は無利子と有利子の双方で貸し出す仕組みで、卒業後20年以内に返済することを義務付けている。
「参照元:日経ネット

---
奨学金ニューストップへ

ラベル: